2005年07月29日

美豊泉のご紹介

 「第二章 ゲルマニウムブームのきっかけ」で紹介しました、鹿児島県垂水地方で発見されたゲルマニウム含有水(垂水温泉水)が、『美豊泉』として販売されていました。

 美豊泉は通常の温泉水のなんと70〜80倍もの有機ゲルマニウムを高濃度に含有しており、しかも人工的には一切添加していない天然のままとの事です。

 美豊泉の特徴

 1.水の粒が小さい・分子が細かい・飲めば分かるまろやかさ!
  世界最小の水分子の細かさを誇る美豊泉 クラスター値47.4Hz

 2.硬度3.7の超やわらか軟水 ストレートで飲むのもいいけれど、
   お茶や紅茶にも相性抜群です。

 3.アルカリ度9.4 美豊泉は別名 飲む野菜!

 4.今、なお、活動が活発な活火山桜島の大地のミネラルとエネルギーが凝縮!

 5.美豊泉は世界でも数ヶ所しか例がないと言われる、
   大変珍しい天然クロレラ成分を含む温泉水!

美豊泉の追加レポート

ゲルマニウムでヘルシーライフ TOPに戻る


posted by ムッシュgerman at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5464549

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。