2005年06月25日

第五章 ゲルマニウムの効能(美容にも良い)

 私たちは、酸素がなければ生きていけません。酸素の欠乏が高血圧、

糖尿病、心臓病など多くの病気を引き起こすとも言われています。

ゲルマニウムこそ、この酸素不足を解消する働きがあるのです。

 半導体であるゲルマニウムは電気を帯びた物と結びつく性質がある為、

相手がプラスの電気を持っているとマイナスの電気を持ち、

相手がマイナスの電気を持っているとプラスの電気を持ちます。

これはプラスとマイナスが引き合う磁石と同じ様な働きをします。

 酸素は水に溶けるとマイナスになります。

ゲルマニウムは赤血球と同じように、この酸素を捕まえて

身体のすみずみの細胞や組織に大量の酸素を送ります。


酸素がたくさん来ることで、細胞は新鮮な酸素に満ち溢れ、

血液や細胞の新陳代謝をうながし、生き生きと活動できるようになります。

 この作用によって体力を増進させるとともに、人間が持つ本来の

自然治癒力を引き出してくれます。しかも酸素にかわって

体内の老廃物を体外に排出しますから、美容にも良いのです。


 また、動物性タンパク質を食べ過ぎると、悪玉の水素イオン(H+)が

大量に発生し、体が酸性になリます。私達の体は体内が酸性になると

細胞の活動が衰えたり、血液が汚れたりと健康を損なう恐れがあります。

 ゲルマニウムはこのプラスの電気を帯びた水素イオンとも積極的に

結びつき、なおかつ酸素とも結びつけていきます。

この作用で酸性の源である水素イオンが無くなり体調が良くなります。

第六章 ゲルマニウムの効能(ガン細胞を退治)

第四章 ゲルマニウムの効能(血液サラサラ)に戻る

ゲルマニウムでヘルシーライフ TOPに戻る



Google



posted by ムッシュgerman at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲルマニウムとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。