2006年02月28日

ゲルマニウム関連本紹介

 ゲルマニウムが一躍脚光を浴び、工業材料(半導体製品)と言うイメージから医療や健康、またダイエット効果に役立つものと言うイメージに変わってきました。

 ゲルマニウムを使用した商品も増え、書籍も以前と比べ大変多くなってきました。
そこで、今回はゲルマニウム関連本をご紹介したいと思います。
当ブログをご覧いただき、興味をもたれた方はご覧下さい。

【おことわり】
 現在25冊の書籍をご紹介していますが、人気商品に付き在庫切れもあります。予めご了承ください。

続きを読む
posted by ムッシュgerman at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲルマニウムとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

粉末温浴剤でゲルマニウム温浴

管理人がお勧めする「ゲルマニウム粉末温浴剤」の紹介です。

有機ゲルマニウムを使用した粉末温浴剤や固形温浴剤は、ゲルマニウム温浴本来の効能が得られるため、エステ等で広く使用されています。

最近TVで放送された、エステサロン専門の入浴剤である 美スパ ASEDAKU GERUMA 等は、放送後メーカーに注文が殺到したそうです。

粉末の有機ゲルマニウム温浴は新陳代謝を活性化させる事により、大量の発汗を促し体脂肪を燃焼させ効率よくカロリーを消費できます。

42〜43℃のゲルマニウム溶液に20分間浸かると、約600kcalを消費するといわれており、体脂肪率が平均2〜5%ダウンします。

皮膚呼吸によりゲルマニウムが全身に巡り、体内の細胞や組織が活性化され短時間で発汗が始まります。そして、体内の余分な脂肪・有害な毒素・老廃物を汗と共に身体の外に運び出し、血液が浄化されることによって体質が弱アルカリ性に改善され、新陳代謝が活発になり体質改善へと繋がって行きます。継続することによって代謝がよくなり体質改善が行えます。

ゲルマニウム粉末温浴剤はスティックタイプも有るので携帯にも便利です。また、ゲルマニウム温浴入門用としてはお勧めです。

続きを読む
posted by ムッシュgerman at 22:26| Comment(0) | TrackBack(1) | お勧め商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

第十三章 ゲルマニウム純度と含有量のお話し

 ゲルマニウムの効能(効き目の有り無し)を判断するには、
ゲルマニウムの純度と含有量を確認しなければ判断できません。
純度とは「品質の純良(交じりけが無くて品質がいい様子)さの度合い」
含有量とは「何かを成分として含み持った量」と辞典では明記されています。

 ゲルマニウムで考えると、
純度とはゲルマニウムそのものの純良さを指します。
含有量とは温浴ボールやブレスの玉の中にどれだけのゲルマニウムが含まれているか?
と言うことになります。

お判りいただけましたでしょうか?

食べ物で考えると・・・例えば「サケ(魚)の卵でイクラ」を例に考えてみましょう。

続きを読む
posted by ムッシュgerman at 12:15| Comment(0) | TrackBack(1) | ゲルマニウムとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

ゲルマニウム温浴商品比較表(固形温浴剤偏)

 ゲルマニウム(Ge)温浴を家庭で行なうためには、ゲルマニウム温浴商品を購入しなければならないのですが、「ゲルマニウム温浴商品の選定方法」でもお話しましたように、現在ゲルマニウム温浴商品は「温浴器,粉末温浴剤,固形(ボールや原石)温浴剤」の3つに大別されます。

その中でも最近の主流となっている固形温浴剤について、商品調査を行ないました。

 調査目的は「そろそろ新しい温浴剤を購入しようかと思った」からなのです。 管理人が知る限りの知識を集めて作成しましたが、あくまでも管理人個人用に作成していますので、参考程度にして下さい。尚、有機及び無機ゲルマニウムの効能の違いは無視しています。この違いは「第八章 ゲルマニウム温浴の効能第九章 ゲルマニウム温浴の効果」をご覧ください。

 調査した商品の数量は約40点。この時点で篩に掛け(同一品と思われる物等を除外)、約30点の詳細調査を行ないました。
 条件としては、3年間継続使用する場合としています。(有機Ge無機Geが在る為)調査した結果は、「効能評価、コストパフォーマンス評価、総合評価」で3種類の評価表を作成しました。
尚、メーカー及び販売店様の販促防止にならないために、上位10位までの公開としました。

続きを読む
posted by ムッシュgerman at 01:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 商品購入アドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

ゲルマニウム温浴商品の選定方法

 皆さんはゲルマニウム(Ge)温浴商品を購入する場合、何を基準に購入しますか?
本来ゲルマニウム温浴とは有機ゲルマニウムを使用し、お湯の中に溶け出したゲルマニウムを皮膚呼吸によって体内に取り入れる事でしたが、最近は無機ゲルマニウムを使用した商品が主流と言ってよいでしょう。無機ゲルマニウムは半永久的に使用でき、手軽に温泉気分が味わえる事が人気の秘密なのではないでしょうか。

 現在ゲルマニウム温浴商品は、温浴器,粉末温浴剤,固形(ボールや原石)温浴剤の3つに大別されます。温浴器は無機ゲルマニウム以外に天然鉱石等をふんだんに使用し、非常に高価で一台当たり十万円〜三十万円程度します。
粉末温浴剤は有機ゲルマニウムを使用し、効能は魅力的ですがランニングコストが高くなります。
固形温浴剤は有機又は無機ゲルマニウムを使用し、無機ゲルマニウムを使用したものはコストパフォーマンスに優れたお勧め商品です。

 固形温浴剤の中でも半永久的に使用出来る温浴商品が最近の主流となっています。
価格帯としては、1,500円程度(お試し)の格安な物から10,000円程度のようです。
また、トルマリンやラジウム等を一緒に入れた物で、〜25,000円程度のようです。

 ゲルマニウムブームも一段落し、ゲルマニウムも私達の生活の一部となってきました。
このため価格競争も激化し、商品のバリエーションも充実して(溢れて)来ました。
ところが選択肢が増えたため、購入する側としてはどれにしようか?・・・
管理人でも悩んでしまう状況となっています。また、安価で粗悪品も増えてきているようです。

そこで、今回は最近主流の「固形温浴剤の正しい選定方法」をご紹介したいと思います。

続きを読む
posted by ムッシュgerman at 16:30| Comment(0) | TrackBack(2) | 商品購入アドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有機ゲルマニウム固形温浴剤のご紹介

管理人がお勧めする「有機ゲルマニウム固形温浴剤」のご紹介です。

有機ゲルマニウム温浴は新陳代謝を活性化させる事により、大量の発汗を促し体脂肪を燃焼させ効率よくカロリーを消費できます。

42〜43℃のゲルマニウム溶液に20分間浸かると、約600kcalを消費するといわれており、体脂肪率が平均2〜5%ダウンします。

皮膚呼吸によりゲルマニウムが全身に巡り、体内の細胞や組織が活性化され、尚且つ遠赤外線効果により短時間で発汗が始まります。そして、体内の余分な脂肪・有害な毒素・老廃物を汗と共に身体の外に運び出し、血液が浄化されることによって体質が弱アルカリ性に改善され、新陳代謝が活発になり体質改善へと繋がって行きます。継続することによって代謝がよくなり体質改善が行えます。

細胞の活性化により肌の艶・張りを保ち、たるみや筋肉の衰えを防ぎます。現代女性の最大の敵「セルライト」にも効果抜群との事です。

ゲルマニウム温浴の効果や効能につきましては、当サイトの「第八章 ゲルマニウム温浴の効能第九章 ゲルマニウム温浴の効果」をご覧下さい。

有機ゲルマニウム温浴はゲルマニウム温浴本来の効能が得られるため、エステ等で広く使用されています。しかし、溶けることで効能を発揮するため、効能持続期間は通常6ヶ月〜1年間(頻度による)となります。

尚、有機ゲルマニウムは無機ゲルマニウムと違い、飲用しても問題ありません。

続きを読む
posted by ムッシュgerman at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

無機ゲルマニウム固形温浴剤のご紹介

管理人がお勧めする「無機ゲルマニウム固形温浴剤」のご紹介です。

 無機ゲルマニウムは、接触面の温度が32℃以上になるとになるとマイナスの電子が飛び出し、ゲルマニウム自体イオン化します。イオン化したゲルマニウムは、その電子的特性により電流が効果的に発生し、細胞内の乱れた生体電流バランスを整えてくれると言われています。

 この生体電流が整えられることにより、血行が促進され、気分が良くなり、自然治癒力も高まり、病気もだんだん良くなります。

 無機ゲルマニウム温浴は、遠赤外線効果による効能(発汗や入浴後のポカポカ感)やイオン化したゲルマニウムによる生体電流バランスを整える効能(血行不良等による頭痛・肩こり・腰痛・神経痛等)を目的としたものです。

有機ゲルマニウム温浴のようにゲルマニウムを皮膚呼吸によって得られる各種効能は期待できません。

ゲルマニウム温浴の効果や効能につきましては、当サイトの「第八章 ゲルマニウム温浴の効能第九章 ゲルマニウム温浴の効果」をご覧下さい。

無機ゲルマニウム温浴剤は半永久的に使用でき、お得で大変魅力的です。

続きを読む
posted by ムッシュgerman at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧め商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

ゲルマニウム温浴のアドバイス

ゲルマニウム温浴をこれから始めようと思われている方々へ管理人の独断と偏見によるアドバイスのレポートです。

現在、自宅で行える温浴は大別すると2つの方法があります。
1.クリームやジェルを塗る方法(エステのようなものです)
2.温浴剤(入浴剤)を使用する方法
  この中には温浴器、固形温浴剤、粉末温浴剤、少ないですが液体温浴剤があります。

現在の主流としては、固形温浴剤と粉末温浴剤の2種類で、大半が固形温浴剤です。

固形温浴剤は有機ゲルマニウム又は無機ゲルマニウムを使用したもので、

無機ゲルマニウムを使用した物は半永久的に使用出来るところが大変魅力的です。

逆に粉末温浴剤や有機ゲルマニウムを使用した固形温浴剤は、ゲルマニウム温浴

本来の効能が得られる
ため、エステ等で広く使用されています。

しかし、溶けて効能を発揮するためランニングコストが掛かるところが弱点です。

続きを読む
posted by ムッシュgerman at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品購入アドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。